縫製工場が感じるコムデギャルソンの素材へのこだわり

得意先アパレルメーカーのコムデギャルソンさん(COMME des GARCONS)は、素材を大切にしている

サンプル縫製用の資材一式を送っていただく際、

たとえ表地が1メートルでも、 わざわざダンボールの筒に巻いて送っていただいています。生産担当者が持ち込んでいただく時も、同様です。

そのため到着後、アイロンでシワを伸ばす作業が全く必要無し。これって、すごいと思いませんか? サンプル職出しに手間も掛けるし、運賃コストも掛けている。縫製工場関係者なら判りますよね、特に薄手素材を再度、筒に巻き直すのは大変です。弊社でも、ここまでは徹底が出来ていません。(汗)

同様なアパレルメーカーが、他にも有るでしょうか?

ここまでは真似が出来ないですよね。素材への思いが伝わります。

コムデギャルソンの縫製がきれいな理由
つまり映画製作に携わる大道具係みないな縫製工場ですね。これがコムデギャルソンの縫製がキレイな理由です。
縫製工場から見たコムデギャルソンの社風
コムデギャルソンは新卒もしくは20歳代で入社し、定年まで勤め上げる社員もいるという社風の話。
トップへ戻る