2024年も春がやってきましたー。三寒四温が続きます、気を付けてお過ごし下さい。

コム デ ギャルソンに技術を鍛えられるサンプル縫製工場


見たことないもの』がコンセプトのコム デ ギャルソンさんに、かなり鍛えられてます。他のコレクションブランドの縫製工場の皆さんも、同じ気持ちでしょうね。だって縫製技術が磨かれますし、鍛えられますから。

一例を挙げますと、今シーズンも、1994年羽田空港操車場でのコム デ ギャルソン メンズ レディース合同コレクションで発表された『縮絨』継承版のサンプル縫製をしました。納品したサンプルが縮絨加工されて、実際に展示会サンプルを見ると『これ、うちの工場で縫ったんだっけ???』と、驚かせられますよ。複雑怪奇なデザインですが、基本は変わりませんので、30年近く経過してもブランド神話は不動ですし、COMME des GARCONS 中古市場では、季節 年代 アイテム メンズ レディース関係無く、人気が有ります。皆さんも好きなワインや日本酒と同じで、熟成された味わいですよね。
+++++++++++++++++++++++++++
縮絨とは、デジタル大辞泉@株式会社小学館より参照
毛織物の仕上げの工程で、組織を緻密ちみつにし、また毛端を絡ませてフェルト状にすること。石鹸せっけん溶液やアルカリ性溶液で湿らせ、圧力や摩擦を加えて収縮させる。メルトン・フラノ・ラシャなどに行う。
+++++++++++++++++++++++++++
「コスパと効率」第一優先の現在、人と違った着こなしチャレンジはリスク、無駄なものは何でも省くのがトレンド時代。でも、非効率と言わずに売り場へ足を運んで、実際にコムデギャルソンさんの服を手に取って楽しんでください。匂いや感触は、インターネットでは判りませんからー。

なんだか30年間総決算のようなブログを書きましたが、2022年も残りわずかです。今年も大変にお世話になりました。皆様、良い年をお迎えください。

(有)ティーアイ プランニング

 

縫製工場から見たコムデギャルソンの社風
コムデギャルソンの社風は、社員がアナログの心の暖かさで、商品がデジタルの先鋭さとバランスの取れた会社
コムデギャルソンの縫製がきれいな理由
つまり映画製作に携わる大道具係みないな縫製工場ですね。これがコムデギャルソンの縫製がキレイな理由です。
 縫製工場が感じるコムデギャルソンの素材へのこだわり
コムデギャルソンさん(COMME des GARCONS)の発送方法は、サンプル縫製用の資材一式を送っていただく際、たとえ表地が1メートルでも、 わざわざダンボールの筒に巻いて送っていただいています。
コムデギャルソンは定年まで勤め上げる社員もいるという社風
コムデギャルソンの社風は、老舗アパレルメーカーの中でも、定年退職まで勤め上げたくなる気質が有るのだと思います。
川久保玲さんとお会いした時の印象
川久保玲さんお会いした際、「誰か、お伺いしておりますか?」と、わざわざ立ち止まって、声を掛けていただきました。
縫製工場の疑問?コムデギャルソンの独創力と機動力
コムデギャルソンさん(COMME des GARCONS)は、川久保玲さんのみで成り立っているわけでは無いのです。チームを大切に支える管理職、私たち縫製工場、必ず朝一で荷物を配達してくれる運送会社ドライバーさんも、大きな協力者です。
トップへ戻る