早くも、節分の声が聞こえてきますね。海外開催は依然まだ難しいですが、国内開催はサンプル縫製が本格稼働を始めました。

縫製工場の疑問?コムデギャルソンの独創力と機動力

サンプル縫製工場 ティーアイ プランニングは、得意先アパレルメーカーのコムデギャルソンさん(COMME des GARCONS)展示会で、2つの疑問を持ちます。

1つ目は、ディスプレイされたパリコレクションメインサンプルは、圧巻の迫力です。

思わず、ひっくり返してみたくなります。でも、これは、厳禁です。以前、サンプル縫製工場同業者が、パターンナーさんから「触らないで下さい。」と、ジョークのように言われたと話していました。(笑)あなたも、私と同じように、必ず、のぞきたくなりますよ。見ても、縫製仕様が難解で、速攻で理解するのは難しいですが、、、(汗)

2つ目は、キレイな縫製サンプル量に、びっくりさせられます。

すごい品番数を、確実にキレイに上げるには? どこで? だれが? 何箇所の縫製工場? と、常々思っていました。たまたま今回、急ぎサンプルを依頼され、約束時間に遅れないように、世田谷用賀から港区青山へ出発。(たった6キロですが、出勤時間帯は、車で1時間掛かります、たまに自転車に抜かれちゃう(苦))

早めの到着でしたので、鼻歌を歌いながら、車内でコーヒーブレイク。ちょと気合い入れ過ぎて、早すぎたかな? 余裕で、ゆっくり生産部に向かいました。他の部署は、まだ出勤前。生産フロアだけが、各地の縫製工場から送られてきたサンプルを、早朝会議に間に合わせる為に、全開で荷受け作業中。必ず荷物が朝一番で配達されるって、運送会社とも信頼関係が出来ているのですね。生産部管理職も荷受け作業の手伝い。これって新人スタッフだけの仕事では?いえいえ、チーム魂を大切にするコムデギャルソンさん(COMME des GARCONS)生産部が、管理職が筆頭に、全員で会社を支えています。

まあー、私の言いたいことは、コムデギャルソンさん(COMME des GARCONS)は、川久保玲さんのみで成り立っているわけでは無いのです。支える管理職、私たち縫製工場、それと忘れてはいけない必ず朝一で荷物を配達してくれる運送会社ドライバーさんも、大きな協力者です。その他多くの協力者も忘れてはいけませんね。

以上理由からコムデギャルソンさんの独創的仕様の服が出来ています。

コロナで大変な一年でしたが、2021年も残りわずかです、良い年をお迎え下さい。2022年も宜しくお願いします。

サンプル縫製工場 (有)ティーアイ プランニング 

縫製工場から見たコムデギャルソンの社風
コムデギャルソンの社風は、社員がアナログの心の暖かさで、商品がデジタルの先鋭さとバランスの取れた会社
コムデギャルソンの縫製がきれいな理由
つまり映画製作に携わる大道具係みないな縫製工場ですね。これがコムデギャルソンの縫製がキレイな理由です。
 縫製工場が感じるコムデギャルソンの素材へのこだわり
コムデギャルソンさん(COMME des GARCONS)の発送方法は、サンプル縫製用の資材一式を送っていただく際、たとえ表地が1メートルでも、 わざわざダンボールの筒に巻いて送っていただいています。
コムデギャルソンは定年まで勤め上げる社員もいるという社風
コムデギャルソンの社風は、老舗アパレルメーカーの中でも、定年退職まで勤め上げたくなる気質が有るのだと思います。
川久保玲さんとお会いした時の印象
川久保玲さんお会いした際、「誰か、お伺いしておりますか?」と、わざわざ立ち止まって、声を掛けていただきました。
トップへ戻る